無利息の奨学金が増えている

最近、無利息の奨学金が増えています。

これはどういう制度化というと、返済の際に利息を取らず、様々な返済の制度があるというものです。いろいろな支払の方法がありますので、中には利息を支払う必要が無いというものもあります。

この場合は様々な条件があります。といっても、受けられるメリットもそれぞれ違います。

一つは学校の学費減免制度です。これは学校が主体で行っているもので、基本的に学費を減らすことで学生の負担を減らすというもので、受給している人は多いものでしょう。

もう一つは日本学生支援機構が行っている奨学金制度で、これは毎月受給されるので学費にも使えますし生活費にもできます。ただ、この場合は特定の条件があり、審査に通る必要があります。

そして働いて返済するというものもあります。これは医療系に多い制度なのですが、卒業後に指定されたところで働いて返済するという制度です。学習にお金がかかるものの、需要がとても大きな医療系の制度ならではといえるでしょう。

では、それぞれの制度にはどのような違いがあるのでしょうか。とても簡単なものもあれば、非常に厳しい物もあります。それぞれのやり方を見ていきましょう。

学費免除なら無利息で負担減

まず、最も受けている人が多いと思われるのは学費の減免制度でしょう。

これは特に国公立の大学などでよく行われていますが、それ以外の私立大学や高校、専門学校などでも取り入れられていることが多いものです。

この制度の場合は、基本的に学校の中で全て行われます。学費という最も大きなものが免除になるため、親としても学費としてもありがたいでしょう。また、減免ですのでその後に支払う必要がなく、他の様々な奨学金のように卒業後に働いて返済する必要が無いというのがとても大きなメリットになるのです。

この制度のもう一つありがたいところが無利息ということでしょう。あたり前のことではありますが、支払う必要がなく減免ですから特に利息が発生することもありません。他の奨学金制度ならば退学した際には翌月からすぐに手続きを行い返済を始める必要がありますが、この場合は退学したとしてもどこかに支払いをする必要が無いのが大きなメリットです。

また、授業料という大きな負担を減らすことができるため、融資などを受ける必要がありません。学費の減免は全て学校内での審査になりますので、手間がかかりにくいのも大きなメリットといえるでしょう。

融資の際に厳しいけど日本学生支援機構の奨学金も

もうひとつが日本学生支援機構が実施している奨学金制度です。これは毎月一定額が支払われ、卒業後に返済していくというスタイルの返済方法になります。

ちなみにこの制度の場合は無利息となるのは第一種だけで、第二種と呼ばれる方は支払金額が違い、返済の際には利息が発生します。

利息はそれぞれの時代などによっても違いますが、無利息で返済も楽になる第一種のほうが人気があり、また融資も受けづらく審査も厳しいのですが、その分一度受けてしまえば卒業までほぼ同じように貸与されるというのがメリットです。

また、返済をしばらく待ってくれる制度もあります。まず卒業後半年間待ってくれるので、実は返済は卒業して半年後の10月から始まるのです。

このため、卒業して新しい生活が始まってしばらくという出費がかさむ時期を処理してから返済が始まるということになります。そしてもし様々な事情で返済ができない場合は返済を待ってくれる減免制度もあります。

この減免制度はそれぞれの収入要件などもありますが、そういった要件をしっかりと満たせば一定期間返済が免除されることになります。ちなみその期間は無利息ですので、融資を受けて利息が高くなるということもありません。

働いて返すタイプの奨学金は無利息で返済する必要も少ない

また、奨学金の中には働いて返すというものもあります。

これは特に医療系に多い奨学金制度ですが、おおまかな制度としては卒業後特定の病院などで働くことで返済が免除されるというものです。特に看護師や医療系の資格をとる学校にはこの制度が充実しているところが多く、自己負担が少ないということと卒業後に就職先に困らないというメリットがあります。

とても大きなメリットですが、中には卒業後にそのような融資条件を無視して返済をしながらというところもあるようです。

ちなみに、この条件は結構人気がある条件でもあります。

このため、審査の際には結構難しいとされるところもあるようですが、入ってから卒業するまでがとても簡単に済む場合もあります。審査の際には書類を整えたり面接などの手間がかかりますが、親からすれば非常に負担が減るという大きなメリットもあります。

またこの制度はそれぞれの就職先によって制度の充実ぶりも違いますので、それぞれの学校によっても、就職先によっても違います。

このため、学校の卒業後のことをしっかり考えながら決めたいものです。また、もし退学した場合はどうなるのか、ということもしっかりと確認してみましょう。