奨学金の種類について

奨学金は能力のある学生に対して、学費などの資金を給付または貸与する制度のことです。

経済的な理由で修学が困難な学生の修学を支援することを目的にして作られた制度であり日本はもちろん海外でも多く見られます。

奨学金の種類としては、返済義務のない給付型返済義務がある貸与型があり、貸与型でも無利子型と有利子型があります。給付型はわかりやすく学費などの資金を給付してくれたり、学校そのものが学費を免除するといったもので、学生はその支払義務を負いません。

一方で貸与型は、銀行などで提供されるローン商品と同様に融資を受ける仕組みです。

無利子型の場合には借り入れた元本のみを返済するだけで良いものですが、有利子型は定められた金利を支払う必要があります。

奨学金の有利子型の金利は、3%が上限となっているケースが多く、おおむね1%程度の金利で利用することができます。

ただし奨学金は誰でも利用できるというものではなく一定の学力があることが条件で審査を受けることになります。また借入れるさいには保護者などが連帯保証人となりますが、その融資の返済義務は学生本人が背負うことになります。

なお、銀行などで提供される教育ローンは、保護者などが子供のために学費などの資金を借りるという性質のものになります。

奨学金の貸付型を利用した場合の返済方法

奨学金の融資を受けた場合の返済方法はほかの融資商品と異なり、比較的ゆるやかな仕組みとなっています。

通常の融資商品であれば、借り入れた翌月から元本と金利の返済を開始することになりますが、奨学金や教育ローンなどの場合には、在学中は金利のみの返済で、元本の返済は卒業後からというのが一般的です。

返済方法は通常のローンと一緒で、月々に決められた金額を返済するというものですが、ボーナス払いや繰り上げ返済をするといったことも可能で、早期に返済することも可能です。

ただし、融資される金額はその学生の都合によって変わってきますが、学費すべてを賄う場合には100万円以上と多額であり、たとえ金利が低いとはいえ返済期間が長引けばそれだけ多くの金利を支払う必要があり負担が大きいものになります。

また卒業後に無事に企業に就職できれば返済の道もひらけますが、就職に失敗した場合や就職後に離職した場合などで返済が困難になり滞納する人も少なくありません

また以前は管理がずさんで滞納された奨学金が回収できなくなったケースも多くありましたが、現在では管理が整っているため、まったく回収できないというケースは少なくなっています。

返済を延滞した場合のペナルティ

奨学金といえども審査を行って受けた融資であり借金になります。

しかし、審査の基準となるのは学生本人の成績であるためそれが必ずしも返済能力が高いといはいえない状況にあります。また意図的に返済しないというケースも多数見受けられましたが、これは管理がずさんであったことや、そもそも就業しても満足に返済できるだけの年収を得られるとは限らないといったものが大きく影響しています。

以前は、これら延滞者に対するペナルティは無いに等しいものでしたが、未回収の奨学金が増えるに連れて回収の強化が行なわれています。

そのひとつが信用情報機関への登録になります。

これは通常の融資を受けたさいに返済を延滞したりした場合に科せられるペナルティであり、信用情報機関に延滞情報が登録された時点で、新規のローン契約の審査やクレジットカードの審査に通らなくなりますし、場合によっては家賃保証会社も利用できなくなります

また保証人に対しての返済請求も行なわれることになります。

なお、信用情報機関への登録の基準は何の連絡もなく3ヶ月以上の延滞を行った場合であり、経済的な事情による延滞であれば、このペナルティを避けるための方法が用意されています。

延滞のペナルティを避けるための方法

奨学金は延滞することでペナルティを受けることになりますが、その性質上やむおえず延滞することが多く、そのため以前はペナルティも緩やかなものでした。

しかし、近年の延滞者の増加は奨学金制度そのものを揺るがしかねないため、ペナルティが強化されています。

ペナルティとしては、延滞利子として5%が付与されますし、場合によっては法的手段に訴えて差し押さえとなるケースもあります。

また奨学金では保証人を設定するため、保証人がその返済義務を負うことになります。また回収に関しては、奨学金を提供している機関ではなく委託を受けた債権回収会社が行うことになります。

一方で延滞のペナルティを避けるための方法としては、奨学金を借りている機関に理由を説明することです。

場合によっては月々の返済額を減らしてくれる場合もあります。またなにより連絡して返済する意思を伝えることで信用情報機関への登録を回避することが可能です。

ただし、返済する意思があるというだけでは意味がなく実際に支払う必要があります。

また無利子の奨学金の場合には、在学中に優れた成績をあげることで返済を免除される制度がありますし、また本人が死亡したり精神や身体に何らかの障害を負っている場合にも返済が免除されます。