ローンは店舗、でも奨学金は…

お金を借りるとき、様々な方法で申し込むことができます。

その一つが店舗で、店舗型の場合は本人が直接申し込みをし、問い合わせなどもその店舗の人に質問すればいいので非常に簡単です。

では、奨学金の場合はどうでしょうか

実は、奨学金の場合はあまり店頭で申し込みをするということはそうありません。というのも、最近は様々な方法で申し込みを行えるので、むしろその奨学金を実施している団体に出向いたりということはあまり多くないようです。

また、奨学金制度は全国的に広く行っていることもあるため店舗に出向くというのも地方や店舗のない田舎などの場合は難しいでしょう。

ただ、店舗というのはそこまで多くはありませんが途中の審査の段階で面談や面接などが設けられているところもあります。この場合は直接その実施団体の建物や指定されたところに出向き、面談をするということが多いでしょう。

このため、申込の際にはそこまで考える必要はない場合もあります。また、問い合わせ窓口もしっかりとしているので、そのようなところに問い合わせを入れてみるのも方法でしょう。

では、どんな方法があるのでしょうか。また、どのようなことができるのでしょうか。

インターネットと学校でまとめて奨学金の申し込み

今どきならば、融資を受けるための奨学金の申し込みに使われるものとしては、書面とインターネットがあります。

書面とは、その名の通り申し込みの際に送る書類のことで、主に申込書類や収入証明となる書類のことです。このようなものを使う場合、学校単位で申し込みを受け付けていることもあり、事務処理などの細かいところに関しては審査前に確認をしてくれるところもあります。

また、学校が行っている奨学金や卒業生会などの奨学金制度の場合でも、書面を使うところが多いようです。

もう一つはインターネットです。これは専用の申し込みフォームに情報を入力し、その情報を送信することでデータを作ることができるというものです。

申し込みに必要な内容をすべて入力して送信し、もし必要ならばその後に書類を郵送したり学校に提出するということが多いようです。

そしてこれらの複合的なものとして、情報はインターネット上にある入力フォームに情報を入力し、その内容をそのまま書面として出力して印刷し、その内容を学校や実施機関などに提出するというものです。書類作成が簡単になるのですが、印刷の手間が若干かかるというデメリットもあるようです。

審査の一つ、面接は実施機関で行われるところが多い

ちなみに、実施機関によっては奨学金の審査の際に面接を設定しているところもあります。

これは奨学金の目的にその人が合っているか、経済的な様子はどうなのか、というようなところを判断したり確認するために行われます。

もし奨学金の融資や審査でどこかを訪問する必要があるというのなら、この時が多いでしょう。これは店舗というよりは奨学金実施機関の建物やその人達が指定した場所などであることが多いようです。面接の際には服装は学生服やスーツなどが適切です。やり取りの内容にも気をつけておきましょう。

ですが、これ以外の場合はあまり店舗に行くということはそうないのかもしれません。

企業が実施している奨学金制度の場合は宣伝や活動報告などのためその企業に出向くことがあるようですが、それ以外の一般的な奨学金の場合はそこまで出向いたり様々なことを行ったりすることは珍しいようです。

その他には新聞奨学生というスタイルがあり、これは毎日の新聞配達をしながら若い学生の学費を支援するというものです。このやり方はハードなようですが、卒業後に返済の義務がなく、働きながらお給料までもらえるということで人気があります。このやり方なら、その新聞配達店と日々関わることになるでしょう。

他にもある融資制度

ちなみに、店舗という形での関わり方が多いスタイルは他にもいくつかあります。

一つは教育ローンで、これは教育にまつわる資金などを借りて返済するためのもので、主に奨学金制度としてではなく行為クローンという別枠での制度になります。

金利をいくらかつけて返済する必要がありますが、融資を受けるのは悪い選択肢ではないでしょう。最近は借入金額や返済にまつわる様々なことに対しての自由度も高く、融資を受ける際に色々なサービスを利用している人も多くあります。

また、海外留学生などの場合もその奨学金実施機関と関わることは多いでしょう。海外から来た人の場合は支援策がいくつかありますので、その支援策を受けたり学業や生活についての質問や相談を受けることもあるようです。

それ以外でも関わる機会というのは、あえて言うなら返済の際に滞納した時などかも知れません。

返済の義務があるものならば滞納した際に実施機関から連絡が来て返済を行うこともあり、その際委託した機関から家や勤務先に訪問されることもあるようです。もし収入が少なく返済できないというのなら、減免や猶予などの制度も利用して待ってもらうことも考えましょう。