奨学金の人気の団体と、その秘密とは

奨学金といっても、実際には様々な制度があります。

このため、学費と生活費のための融資として様々な方法があるのかもしれませんが、中には学費そのものを減らしてくれる制度、奨学金を支払ってくれる制度で返済がないもの返済があるものなど、その種類は多岐にわたります。

また、種類によっては特定の人にのみ融資される奨学金制度などもあります。

例えば片親家庭のための奨学金や親がいない人のためのあしなが育英会など、様々な制度があるのです。また、海外からの留学生だけを対象にしたものもあります。逆に言えば普通の人が奨学金を借りるのよりも何らかの事情がある人のほうが選択肢が広いということもあるようです。

このため、どの奨学金が融資されやすいか、どれに人気があるのか、ということはそれぞれの実施機関によっても違います。

私立でも奨学金制度が充実しているところもありますし、公立学校でも公的な奨学金制度以外はあまり整っていないところもあり、それぞれの学校の方針などによっても考え方は違います。

ですが全体的に見て人気のあるところはあるものです。全体的に見て、人気のある制度はいろいろなところにあるので、ひとつずつ見ていきましょう。

学校の学費減免制度は非常に人気

まず、最も人気があるのが学校が実施している奨学金制度でしょう。これは主に授業料を減免してくれる制度で、特に国公立が充実している傾向です。

だいたい全額免除・半額免除・一部免除など、審査の結果によって違いがあります。また、返済の必要がないのも非常に人気があるポイントでしょう。

この場合の減免制度の審査は入学の時と進級の時には微妙に違います

入学の際には学校の成績や内申書審査、面接などの結果によって変わります。大規模な者になれば学費免除ということになり、非常に助かるものでしょう。ちなみに審査の際には非常に多くのことを行いますが、参加する料金は無料です。申し込むだけならば書面を準備して申請すればいいのです。

一方進級や前期・後期が変わる際に審査がなされることもあります。

この場合は提出された書類はそのまま提出できる場合もあれば新級の際には去年一年間の収入についての書類を提出するように言われることもあるようです。ただ、大体の場合は本人の出席率や成績などが基準となり、特定の条件を満たせば通る事が多いようです。

この場合も料金はかかりませんが、書類を整える手間は入学する時よりも少し簡単になるでしょう。

返済の必要がない奨学金も人気がある

もう一つは奨学金と言っても返済の必要がなく、支給してくれるタイプのものも非常に人気があります。この場合は融資ではなく給付制となり、特定の時にいただけるタイプなのでありがたいものでしょう。

ただ、このタイプは海外であれば充実していますが、日本国内の場合はあまりないのが現状です

先ほど出ていたような学校学費免除も広い意味では奨学金となりますが、そうではないこのような学生の生活を支えてくれる学費支給タイプの場合は例えば一部企業が特定の条件を満たす人に対して行っていたり学校が独自に行なっていたり、特定の条件を満たす人にのみ支払われるというような事が多く、非常に厳しい条件となっていることが多いものです。

このため、そのような奨学金はあったとしても受給条件が難しくなっています。適用されればラッキーということではありますが、実際にはそこまでもらっている人の数は多くはないでしょう。

ただ、このような給付型の奨学金は海外のほうが多く、日本よりも積極的に行われています。もし海外に留学するという人がいれば、どのような制度なのか調べてみるといいでしょう。また、海外から来る人のためのものもあります。

広く使われているのが日本学生支援機構の融資制度

おそらく日本国内で普通に学生が最も進学する際に利用することが多く知名度が高いのが、日本学生支援機構(旧・日本育英会)の融資制度です。

この制度は何かというと、申し込みをし審査に通ることで毎月一定額を支払いしてもらえるというものです。

この金額は毎月指定されていることもあれば、自分で選べる制度もあります。ただ、自分で選べる制度は第二種と呼ばれ、利息が発生し料金の支払いも高くなるというデメリットは有ります。

このため、大体の人は第一種の無利子の奨学金を狙っている傾向があります。

ちなみに料金は無料ですが、申し込みの際には様々な書類を準備する必要があります。この際には親の収入や世帯収入についての審査などもありますし、臨時での申し込みをするのならその理由となる書面をつけて申し込みをする必要が出てきます。

また、利用の際に延滞などをしなければ料金は発生しませんが、滞納すれば延滞金が発生します。

このような返済の必要がある奨学金が日本では主流となっていますが、一定の条件を満たす人向けの奨学金制度もありますので、そちらも平行して検討してみるのも一つの方法でしょう。

他の制度を使うことも大事なことになります。